開催日  内          容

参加

者数

57

平成30年

4月22日

文献読解:Hegels Begriff der Erfahrung, Gesamtausgabe Band 5, S. 120 Z. 33-

              S. 122 Z. 24, S. 156 Z. 10-S. 164 Z. 29
  担当:樽田勇樹(京都大学)

研究報告:阿部将伸(京都造形芸術大学)

              「様態的存在論」をめぐって――初期ハイデガーにおけるナトルプ批判とアリ

              ストテレス解釈 

 17

56

平成30年

3月21日

文献読解:Hegels Begriff der Erfahrung, Gesamtausgabe Band 5, S. 119 Z. 22-

              S. 120 Z. 32, S. 144 Z. 18-S. 156 Z. 9
  担当:佐藤光友(同志社女子大学)  
研究報告:木本伸(立命館大学)

              文学の言葉と技術の言葉――ハイデガーの詩的言語論をめぐって 

 19

55

平成30年

2月12日

文献読解:Hegels Begriff der Erfahrung, Gesamtausgabe Band 5, S. 117 Z. 21-

              S. 119 Z. 21, S. 135 Z. 18-S. 144 Z. 17
  担当:鷲原知宏(関西大学)  
研究報告:山本與志隆(愛媛大学)

              ハイデガーの技術論における人間存在――E. ユンガーの思想との交錯

 18

54

平成30年

1月21日

文献読解:Hegels Begriff der Erfahrung, Gesamtausgabe Band 5, S. 115-S. 117

              Z. 20, S. 128 Z. 9-S. 135 Z. 17
  担当:田鍋良臣(大谷大学)

研究報告:稲田知己(津山工業高等専門学校)

              ヘルダーリンは蘇るか――ヘリングラート、ベンヤミン、そしてハイデッ

              ガー 

 17

53

平成29年

12月17日

文献読解:Was heißt Denken?, Letzte, nicht vorgetragene Vorlesung (zwölfte

              Stunde) aus dem Sommersemester 1952, Gesamtausgabe Band 8,

              S. 253-266
  担当:貫井隆(京都大学)    
研究報告:有馬善一(摂南大学)

              『存在と時間』における死の分析について 

 15

52

平成29年

10月15日

轟孝夫『ハイデガー『存在と時間』入門』合評会

特定質問:松本直樹(同志社女子大学)

               田鍋良臣(大谷大学)

     中川萌子(佛教大学)

 24

51

平成29年

9月24日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Elfte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 231-247. (Niemeyer, S. 174-175, 138-149)
  担当:池田裕輔(東京大学)

研究報告:君嶋泰明(京都産業大学)

              信仰と瞬間――ハイデガーのアウグスティヌス解釈について

 15

50

平成29年

7月23日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Zehnte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 219-230. (Niemeyer, S. 173-174, 130-138)
  担当:加藤皓士(名古屋大学)  
研究報告:須藤訓任(大阪大学)

              「解釈学的状況」の出生――『存在と時間』期ハイデガーの学と実存の関係

 23

49

平成29年

6月18日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Neunte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 207-217. (Niemeyer, S. 170-173, 125-130)
  担当:貫井隆(京都大学)

研究報告:小田切建太郎(京都大学)

              後期ハイデガーにおける存在の偶然性に関する試論

 12

48

平成29年

5月28日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Achte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 195-206. (Niemeyer, S. 168-169, 117-125)
  担当:廣田智子(山口県立大学)  
研究報告:城田純平(名古屋大学)

              ハイデガーは哲学的人間学の主張者か?――1929/30年講義『形而上学の根

             本諸概念』の議論をめぐって

 17

47

平成29年

4月16日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Siebente Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 183-194. (Niemeyer, S. 166-168, 111-117)
  担当:上原潔(大阪産業大学)  
研究報告:轟孝夫(防衛大学校)

              ハイデガー「黒ノート」におけるメタポリティーク概念について

 18

46

平成29年

3月19日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Sechste Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 173-182. (Niemeyer, S. 163-166, 106-110)
  担当:貫井隆(京都大学)  
研究報告:日下部吉信(立命館大学)

              ハイデガーと原初の哲学者たち――アナクシマンドロス、ヘラクレイトス、パ

              ルメニデス

 15

45

平成29年

2月12日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Fünfte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 161-171. (Niemeyer, S. 159-163, 102-105)
  担当:田鍋良臣(大谷大学)  
研究報告:廣田智子(山口県立大学)

              ハイデガーにおける言葉と共同 

 18 

44

平成29年

1月22日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Vierte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 149-160. (Niemeyer, S. 157-159, 95-101)
  担当:中川萌子(京都大学)
研究報告:佐藤光友(同志社女子大学)

              道徳的人格性のオントロギー

 11

43

平成28年

12月18日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Dritte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 137-147. (Niemeyer, S. 153-156, 91-95)
  担当:君嶋泰明(京都産業大学)  
研究報告:松本卓也(京都大学)

     ハイデガーと狂気

 16

42

平成28年

11月6日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Zweite Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 127-136. (Niemeyer, S. 150-153, 86-90)
  担当:樽田勇樹(京都大学)  
研究報告:貫井隆(京都大学)

              『存在と時間』における「不安の現在」の問題――「決意性」の途上的性格に

              ついての考察(「既在から時熟する不安」と「将来から発源する不安」の差

              異の観点から) 

 16

41

平成28年

10月16日

Günter Figal教授(ドイツ フライブルク大学)講演会

Lichtung und Raum. Über eine Möglichkeiten, mit Heidegger und über ihn

hinaus zu denken

 25

40

平成28年

9月18日

文献読解:Was heißt Denken?, Zweiter Teil, Erste Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 117-125. (Niemeyer, S. 79-86)
  担当:田鍋良臣(大谷大学)

研究報告:松本啓二朗(大阪教育大学)

              思索と詩作――哲学は文学に解消されてしまうのか

 27

39

平成28年

7月17日

文献読解:Was heißt Denken?, Erster Teil, Zehnte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 101-113. (Niemeyer, S. 76-78, 40-47)
  担当:阿部将伸(佛教大学)

研究報告:森哲郎(京都産業大学)

     シェリング――『自由論』解釈と「無底」問題

 20

38

平成28年

6月19日

文献読解:Was heißt Denken?, Erster Teil, Neunte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 91-100. (Niemeyer, S. 75-76, 33-40)
  担当:貫井隆(京都大学)  
研究報告:田鍋良臣(大谷大学)

     ハイデッガー「黒ノート」の信仰論

 14

37

平成28年

5月22日

文献読解:Was heißt Denken?, (Zweiter Teil, Neunte Stunde)
  担当:貫井隆(京都大学)  
研究報告:橋本武志(仁愛大学)

     言葉という問題――ハイデガーにとって

 16

36

平成28年

4月17日

文献読解:Was heißt Denken?, Erster Teil, Achte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 81-90. (Niemeyer, S. 70-75, 30-33)
  担当:徳岡樹(京都大学)  
研究報告:日下部吉信(立命館大学)

     ハイデガーと西洋形而上学(其のⅡ)

 16

35

平成28年

3月20日

文献読解:Was heißt Denken?, Erster Teil, Siebente Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 69-79. (Niemeyer, S. 63-70, 30) 
  担当:君嶋泰明(京都産業大学)  
研究報告:轟孝夫(防衛大学校)

     ハイデガー「黒ノート」における「反ユダヤ主義」は何を意味するのか

 19

34

平成28年

2月21日

文献読解:Was heißt Denken?, Erster Teil, Sechste Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 59-67. (Niemeyer, S. 62-63, 24-29)
  担当:松本啓二朗(大阪教育大学)
 研究報告:小田切建太郎(立命館大学)
     〈家郷的なもの〉と〈かまど〉――M. ハイデガーによる『アンティゴネ―』

               のコロス解釈に関して

 15

33

平成28年

1月24日

文献読解:Was heisst Denken?, Erster Teil, Fünfte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 49-57. (Niemeyer, S. 60-62, 19-24)
  担当:鷲原知宏(関西大学) 
研究報告:H. P. リーダーバッハ(関西学院大学)
     Zu Heideggers Konzeption des "Zuspiels" im Zusammenhang seiner

              Kritik an Metaphysik und Moderne

 15

32

平成27年

12月20日

文献読解:Was heisst Denken?, Erster Teil, Vierte Stunde, Gesamtausgabe

              Band 8, S. 35-47.  (Niemeyer, S. 56-60, 13-19)

  担当:阿部将伸(佛教大学) 

研究報告:有馬善一(摂南大学)

     『存在と時間』の二分法をめぐって

 19

31

平成27年

11月15日

文献読解:Was heisst Denken?, Erster Teil, Dritte Stunde, Gesamtausgabe

     Band 8, S. 25-33. (Niemeyer, S. 53-56, 10-13)

  担当:酒詰悠太(京都大学)

研究報告:中川萌子(京都大学)

     力への意志の「解体」――ハイデガーのニーチェ解釈に見る思索の岐路につ

     いて

 16

30

平成27年

10月18日

文献読解:Was heisst Denken?, Erster Teil, Zweite Stunde, Gesamtausgabe

     Band 8, S. 15-23. (Niemeyer, S. 48-52, 8-10)

  担当:小田切建太郎(立命館大学)

研究報告:田鍋良臣(大谷大学)

     ハイデッガーの神の問題――「黒ノート」から出発して

 17

29

平成27年

9月21日

李洙正教授(韓国 昌原大学)講演会

究極の哲学――その核心への問い

 17

28

平成27年

8月8日

阿部将伸『存在とロゴス――初期ハイデガーにおけるアリストテレス解釈』合評会

特定質問:有馬善一(摂南大学)

     松本直樹(同志社女子大学)

     齋藤元紀(高千穂大学)

     坂下浩司(南山大学)

     丸山英幸(大阪工業大学)

 21

27

平成27年

7月19日

研究報告:須藤訓任(大阪大学)

     Indifferenzとはなにか――『存在と時間』の「透視」のために

Bret W. Davis教授(アメリカ ロヨラ・メリーランド大学)講演会

Heidegger on the Way from Onto-Historical Ethnocentrism to East-West Dialogue

 22

26

平成27年

6月21日

文献読解:Was heisst Denken?, Erster Teil, Erste Stunde, Gesamtausgabe

     Band 8, S. 5-14. (Niemeyer, S. 1-8)

  担当:田鍋良臣(大谷大学)

研究報告:須藤訓任(大阪大学)

     Indifferenzとはなにか――『存在と時間』の「透視」のために

 18

25

平成27年

5月31日

文献読解:Der Satz vom Grund, Vortrag, Gesamtausgabe Band 10, S. 171-

     189. (Neske, S. 191-211)

  担当:阿部将伸(佛教大学)

研究報告:酒詰悠太(京都大学)

     ハイデガー『形而上学の根本諸概念』における形式的告示について

 19

24

平成27年

4月19日

文献読解:Der Satz vom Grund, Dreizehnte Stunde, Gesamtausgabe Band 10,

     S. 153-169. (Neske, S. 171-188)

  担当:丸山英幸(大阪工業大学)

研究報告:若見理江(京都造形芸術大学)

     ハイデガーの本来性概念再考

 16

23

平成27年

3月22日

文献読解:Der Satz vom Grund, Zwoelfte Stunde, Gesamtausgabe Band 10,

     S. 139-151. (Neske, S. 157-170)

  担当:丸山英幸(大阪工業大学)

研究報告:貫井隆(京都大学)

     『存在と時間』における「本来性」についての考察――「本来性」を構成

     する「用意」と「瞬間」の観点から

 17

22

平成27年

2月15日

文献読解:Der Satz vom Grund, Elfte Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 125-

     137. (Neske, S. 143-156)

  担当:太田裕信(京都大学)

研究報告:西村知紘(大阪大学)

     初期フライブルク期のハイデガーの歴史概念について

 19

21

平成27年

1月12日

文献読解:Der Satz vom Grund, Zehnte Stunde, Gesamtausgabe Band 10,

     S. 101-123. (Neske, S. 129-142)

  担当:丸山英幸(大阪工業大学)

研究報告:阿部将伸(佛教大学)

     キーネーシスとロゴス――初期ハイデガーにおけるキーネーシス解釈

 16

20

平成26年

12月10日

Peter Trawny教授(ドイツ ヴッパータール大学)講演会

Das Universale und die Vernichtung. Heideggers seinsgeschichtlicher

Antisemitismus

 20

19

平成26年

11月16日

文献読解:Der Satz vom Grund, Neunte Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 99-

               109. (Neske, S. 117-128)

  担当:池田裕輔(立命館大学)

研究報告:君嶋泰明(京都産業大学)

     ハイデガーのアウグスティヌス解釈について

 11

18

平成26年

10月19日

文献読解:Der Satz vom Grund, Achte Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 87-

               97. (Neske, S. 105-116)

  担当:鷲原知宏(関西大学)

研究報告:中川萌子(京都大学)

     ハイデガーにおける脱‐底的根拠としての存在――「咲くから咲く」という

     在り方

 14

17

平成26年

7月13日

田鍋良臣『始源の思索――ハイデッガーと形而上学の問題』合評会

特定質問:池田喬(明治大学)

     池田裕輔(立命館大学)

     轟孝夫(防衛大学校)

     総田純次(大阪府立大学)

     君嶋泰明(京都産業大学)

     中川萌子(京都大学)

 18

16

平成26年

6月15日

文献読解:Der Satz vom Grund, Siebente Stunde, Gesamtausgabe Band 10,

               S. 75-86. (Neske, S. 91-103)

  担当:君嶋泰明(京都産業大学)

研究報告:酒詰悠太(京都大学)

     形式的指示との関連におけるハイデガーの歴史理解について

 17

15

平成26年

5月18日

文献読解:Der Satz vom Grund, Sechste Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 61-

               73. (Neske, S. 77-90)

  担当:小林哲也(京都大学)

研究報告:城田純平(名古屋大学)

     なぜハイデガーは生概念を使用しなくなったのか

 19

14

平成26年

4月20日

Markus Wirtz氏講演会

Der Stellenwert von Martin Heideggers 'Schwarzen Heften' im Kontext des

seynsgeschichtlichen Denkens

 22 

13

平成26年

3月16日

文献読解:Der Satz vom Grund, Fuenfte Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 49-

               60. (Neske, S. 63-75)

  担当:酒詰悠太(京都大学)

研究報告:丸山英幸(大阪工業大学)

     前期ハイデガーの翻訳論――『存在と時間』の問題設定を基礎にして

 16

12

平成26年

2月16日

文献読解:Der Satz vom Grund, Vierte Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 39-

               48. (Neske, S. 51-61)

  担当:阿部将伸(滋賀県済生会看護専門学校)

研究報告:田鍋良臣(舞鶴工業高等専門学校)

     自然災害の現象学――ハイデッガーを手がかりに

 17

11

平成26年

1月26日

文献読解:Der Satz vom Grund, Dritte Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 27-

               38. (Neske, S. 37-49)

  担当:中村哲也(大阪府庁)

研究報告:日下部吉信(立命館大学)

     ハイデガーと西洋形而上学

 21

10

平成25年

12月15日

文献読解:Der Satz vom Grund, Zweite Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 15-

               25. (Neske, S. 25-35)

  担当:貫井隆(京都大学)

研究報告:松本直樹(京都府立医科大学)

     『存在と時間』における「死」の分析について

 17

 9

平成25年

11月17日

文献読解:Der Satz vom Grund, Erste Stunde, Gesamtausgabe Band 10, S. 3-13.

               (Neske, S. 13-24)

  担当:田鍋良臣(舞鶴工業高等専門学校)

研究報告:阿部将伸(滋賀県済生会看護専門学校)

     日常用語としてのウーシアーの意味射程――初期ハイデガーにおけるアリス

     トテレス解釈

 15

 8

平成25年

10月27日

研究報告1:鷲原知宏(関西大学)

      後期ハイデガーの思索と気分の問題

研究報告2:ユンガーとニヒリズムの今

      オーガナイザー:松本啓二朗(大阪教育大学)

      山本與志隆(愛媛大学):ユンガーとニヒリズムの現在

      竹内綱史(龍谷大学):ニーチェにおけるニヒリズム

      有馬善一(摂南大学):ハイデガーとニヒリズム

 18

 7

平成25年

9月15日

文献読解:Zur Seinsfrage, in: Gesamtausgabe Band 9, Wegmarken, S. 418-426.

  担当:西村知紘(大阪大学)

研究報告:総田純次(大阪府立大学)

     眼前性の概念の多様性と問題系の変遷――事実性の解釈学から基礎的存在

     論へ

 15

 6

平成25年

8月18日

文献読解:Zur Seinsfrage, in: Gesamtausgabe Band 9, Wegmarken, S. 411-418.

  担当:中川萌子(京都大学)

研究報告:有馬善一(摂南大学)

     存在の問いを巡って――アリストテレス、フッサールとハイデガー

 21

 5

平成25年

7月28日

文献読解:Zur Seinsfrage, in: Gesamtausgabe Band 9, Wegmarken, S. 405-411.

  担当:阿部将伸(京都大学)

研究報告:山本與志隆(愛媛大学)

     日常性の積極的意義――自己の本来性と非本来性の在り方の妥当性

 29

 4

平成25年

6月16日

文献読解:Zur Seinsfrage, in: Gesamtausgabe Band 9, Wegmarken, S. 399-405.

  担当:君嶋泰明(京都大学)

研究報告:鷲原知宏(関西大学)

     『存在と時間』の哲学と真理論

 22

 3

平成25年

5月19日

文献読解:Zur Seinsfrage, in: Gesamtausgabe Band 9, Wegmarken, S. 391-399.

  担当:城田純平(名古屋大学)

研究報告:橋本武志(仁愛大学)

     ハイデガー真理論の射程と限界

 20

 2

平成25年

4月21日

文献読解:Zur Seinsfrage, in: Gesamtausgabe Band 9, Wegmarken, S. 385-391.

  担当:丸山英幸(大阪工業大学)

研究報告:安部浩(京都大学)

     時間性――ハイデガーとカント

 26

 1

平成25年

2月17日

研究報告:秋富克哉(京都工芸繊維大学)

     ハイデッガーとギリシア悲劇

研究報告:松本啓二朗(大阪教育大学)

     歴史性概念の諸相

 26